和歌山でアジサイが一番気軽に見られる場所

和歌山城、鶴の渓のアジサイ

6月になり、梅雨の時期が近づいてくると、和歌山の街ではそこかしこでアジサイの花を見ることができます。個人のお庭や鉢植えであったり、道路の花壇であったり、そしてお城の中であったり…

四季折々の顔を見せてくれる和歌山城ですが、城内の鶴の渓にはさまざまな種類や色のアジサイが植えられていて、この時期に一斉に花を咲かせます。

浅野家が城主であった時代に、この区画で鶴が飼われていたことが名前の由来となっています。

 

浅野家が城主であった時代に、この区画で鶴が飼われていたことが名前の由来となっています。

和歌山城 紫陽花

苔むす石垣に囲まれたアジサイは情緒があります。

すぐ隣にある紅葉渓庭園も雨でしっとりした雰囲気でした。

梅雨の紅葉渓庭園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。